アイウィッシュ

全国IWPA認定フリーランスウェディングプランナー紹介

フリーランスウェディングプランナー紹介アイウィッシュ

文面相談クリニック

誓約書の文面についてのご相談

誓いのことばや誓約書の文面でお悩みなら、お気軽にお問合せフォームからメールでどうぞ。
IWPA認定ウェディングコンサルタントがお答えします。

英文で誓いの言葉を書きたいので教えて下さい。
英国の宗教色のない挙式と、キリスト教式で使われている文言をご紹介します。
 
英国で行われている「Civil Wedding」では、公務員の係官が司式者となって、宗教に関係のない挙式が行われ、係官の立ち会いのもとで署名を行うことで法律的に婚姻が成立します(日本とは違って、お役所にただ婚姻届を出すのではなく、役人が司式者となって、役所の中で挙式を行ってくれるのです!)。その中で、法律的に婚姻を成立させるために必ず誓いの言葉の中に含めなくてはならないのが、
“I call upon these persons here present to witness that I, [your name], do take thee [your partner’s name] to be my lawful wedded husband [or wife].”
という言葉です。直訳すると、”私、太郎は、ここに証人としてお集まり下さった皆様の前で、あなた、正子を、私の正式な妻とすることを宣言致します。”というような意味で、これを新郎新婦各々が宣言します。
 
キリスト教式で使われるのは、
“I, [your name], take you, [your partner’s name], to be my husband, to have and to hold from this day forward; for better, for worse, for richer, for poorer, in sickness and in health, to love and to cherish, till death us do part; according to God’s holy law. In the presence of God I make this vow.”
です。人前式であれば、according to から後を取って使うのが良いでしょう。
Return Top