アイウィッシュ

全国IWPA認定フリーランスウェディングプランナー紹介

フリーランスウェディングプランナー紹介アイウィッシュ

誓いの言葉

人前式の誓いの言葉

誓いの言葉とは?

誓約「誓い」は、民族や信仰を問わず世界中の結婚式で行われます。
二つの異なるパーソナリティーが長い人生を共にしていくのですから、そこには「覚悟」のようなものが必要であり、お互いに変わらない愛を誓うのです。
また、神や社会の前で誓いを明らかにすることにより、二人の結婚を社会的に認知させるという意味もあります。

誓いの言葉の内容

キリスト教式では、
‘for better, for worse, for richer, for poorer, in sickness and in health, 
to love and to cherish, till death us do part’ 
~良い時も、悪い時も、富める時も、貧しき時も、健やかなる時も、病める時も、
死が二人を分かつまで、愛し、慈しむことを誓います~
という言葉で(例)結婚を誓います。
日本の会場のチャペルで行われているキリスト教式では、ほぼ同じ誓いの言葉が使用されています。欧米では、新郎新婦と司式者(神父や牧師)が話合って、誓いの言葉をオリジナルのものにすることが勧められていますが、いずれにしても、司式者の問いかけに対して新郎新婦が「はい、誓います」と答えるだけで、新郎新婦自身で誓いの言葉を述べることはありません。

神前式では、
神前で”誓詞”を読みます(読まない神社もあります)。誓詞は、神社で予め用意されていることが多いですが、自分で書くことができるところもあります。誓詞の文面は神社によって異なりますが、「私たちは、道を守り、互いに愛情と信頼をもって、苦楽を共にし、明るく平和な家庭を築き、世のため、人のために尽くします。」のような文面を新郎が読み、新婦は最後に自分の名だけを添えます。

人前式では、
誓いの言葉の内容は宗教挙式と同様ですが、基本的に内容は新郎新婦自身が考え、二人声を揃えて読んだり、お互いに問いかけあったりすることがほとんどです。

誓いの言葉を考えよう

では、お二人の誓いの言葉を考えましょう。

  1. 誰に誓うかを考えましょう。
  2. 1で考えた相手に、どのようにあなたの気持ちを伝えたいか、心に浮かんだことをそのまま書いてみましょう。
  3. 文章にまとめましょう。

名文を書く必要なんてありません!あなたの気持ちをそのまま表現すれば大丈夫。

ただひとつ気をつけていただきたいのは、これはあなたの人格の全てをかけた厳粛な誓いだということ。
ウケを狙ったり、ふざけたりするものではありません。

楽しいことはパーティーに取っておいて、挙式は真摯に行った方が素敵ですよ!!

Return Top