アイウィッシュ

全国IWPA認定フリーランスウェディングプランナー紹介

フリーランスウェディングプランナー紹介アイウィッシュ

進行・内容

人前式の内容

人前式の内容に決まりはないので、お二人らしい結婚の誓約の儀式を考えましょう。 入場退場誓約署名立会人(列席者)の承認指輪交換は行う方がほとんどですが、行わなくてはならないということではありませんし、決まったやり方があるわけではないので、既成概念にとらわれないで、お二人でゼロから話合ってみましょう。 リングピロー考慮しなくてはならないのは、次のことです。

  • 厳粛な結婚の誓いの儀式であることを忘れない!

といっても、難しい顔をしている必要はなく、温かい笑顔に包まれるのは素晴らしいですが、ふざけるのはNGです。

  • 列席者の方々に理解できる内容にする!

お二人の結婚を祝福するためにお集まり下さった方々が、温かく見守って下さるような内容にしましょう。 特に年配の方の中には、人前式に初めて参列するという方もいらっしゃいます。「何をしているのかよくわからないうちに終わってしまった」ということがないように、式次第を作って参列者に配ったり、式が始まる前に、司会者から参列者に、挙式に込められたお二人の思いを説明していただきましょう。

人前式の進行を考えよう

では、お二人の人前式の進行内容を考えましょう。

  1. お二人が行いたいことを順不同に書き出してみましょう。
  2. 書きだした項目それぞれについて、挙式を行う場所の条件(火は使えない、立つ位置が決まっている、など)や、挙式場の雰囲気に合うか検討し、合わない物は削除しましょう。
  3. 残った項目それぞれについて、おおよそでよいのでかかる時間を出してみましょう。
  4. 項目ごとの時間が出たら、会場の挙式時間を考慮して、時間内に収まるように項目を選択しましょう。挙式時間は会場によって異なるので、会場の担当プランナーに確認しましょう。入場退場にかかる時間も忘れないで含めること!
  5. 内容が決まったら、式次第(進行)を考えます。会場の担当プランナーまたは司会者(挙式の進行にプロ司会者を依頼する場合)と一緒に素敵な進行を考えましょう。
Return Top